読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊僕の「いけにえと雪のセツナ」ファンブログ

プレイ日記から妄想や二次創作などなど。

王家の誇りとはKIZUNA

姫姉さまのサブイベントクリアしたらもうサブイベントも残すところフィデスさんだけとなってしまった…。

どうしようそろそろ真面目に今後の事考えなきゃ('、3_ヽ)_

でも最近Twitterで雪のセツナ考察がおいしいです楽しいです。

もっとみんな二次創作してほしいです本当(ノシ'ω')ノシバンバン

 

f:id:yukinosetsuna:20160615103452j:plain

というわけで昨日の続きで回廊遺跡ワッカにきました。

ここで2層目の今まで通れなかった赤いランプの転送装置に来るんですが、ここで急にケシーの名前叫び始めたわけじゃないよね?

f:id:yukinosetsuna:20160615112912j:plain

回廊遺跡入ってからずっとみんなで「ケシー!」「ケシー!」って呼んでたんだよね?

f:id:yukinosetsuna:20160615112956j:plain

呼んでるみんなの後ろをビクビクしてるキール君が追いかけてるようなイメージ。

f:id:yukinosetsuna:20160615113300j:plain

ちゃんと名乗ってからケシーの名前呼ぶところがさすが姫姉さま。

f:id:yukinosetsuna:20160615113336j:plain

すると突然脳内に稲光が()いや、なんてこれ表現したらいいんだ。ホワイトアウト

f:id:yukinosetsuna:20160615113948j:plain

驚いて騒ぐキール君。位置的にヨミさんに飛びついたりしてそう。

f:id:yukinosetsuna:20160615115325j:plain

声が聞こえてきます。遺跡内に響いてるのかな。それとも脳内に直接…!?

f:id:yukinosetsuna:20160615115423j:plain

改めて自己紹介する姫姉さま。王家の末裔と聞き、「王家が憎い」と言い出す声。

f:id:yukinosetsuna:20160615115639j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615115733j:plain

俺は…た…は…ない…。

f:id:yukinosetsuna:20160615115758j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615115809j:plain無言の腹パン

すると動いていなかった転送装置が動き始めます。この転送装置はケシーが止めてたのかな?ベストタイミングでこの場所通りかかった時にケシーの声が聞こえたのかな?

 

f:id:yukinosetsuna:20160615193731j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615193759j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615193828j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615193844j:plain

 

f:id:yukinosetsuna:20160615115916j:plain

動くようになった転送装置で次のフロアへ行くとそのままイベント続行。

f:id:yukinosetsuna:20160615123531j:plain

ヨミさんが俺の時と似てるっていうくらいだから、実際はこんな遺跡の延長線みたいなフロアではないのかなーとか、もっと背景がびゅんびゅんしてたりするのかなーとか。

f:id:yukinosetsuna:20160615123629j:plain

でも回廊のどこかではあるのか。じゃあ遺跡フロアでいいのか。

ケシーの仕業かもというクオンちゃんに、生きてるわけないというキール君。

f:id:yukinosetsuna:20160615125144j:plain

フィデスさんは人の気配とか意識とか感じ取るのが上手いんだろうか上手そう。

f:id:yukinosetsuna:20160615125521j:plain

彼はもう人間であって人間でない、そういうクオンちゃん。

そして階段を昇っていきます。階段の上にいるのは時のしもべの色違い。本当なんで時のしもべがキール君の村に攻め込んできたの。場違いすぎるよ。

f:id:yukinosetsuna:20160615130019j:plain

法石に取り込まれてこの回廊遺跡を生き続けていたケシー。

f:id:yukinosetsuna:20160615130322j:plain

すると千年という言葉に反応を示すケシー。

f:id:yukinosetsuna:20160615130442j:plain

王家が憎いと続けるケシー。

f:id:yukinosetsuna:20160615130537j:plain

誰ともかかわらず、何者にもなりたくないのなら、願いは叶ってるんじゃない?というクオンちゃん。何者にもなりたくないって、どういう意味での何者なんだろ。

f:id:yukinosetsuna:20160615130745j:plain

王国の罪を清算させてもらえないかと問う姫姉さまですが、ケシーは「法石は俺のものだ」と断固拒否。おい、デュエルしろよ

f:id:yukinosetsuna:20160615130952j:plain

彼はもう人間の気配は残っていても人間でない、元には戻せないとクオンちゃん。

f:id:yukinosetsuna:20160615131804j:plain

フィデスさんも手遅れだと言います。

f:id:yukinosetsuna:20160615131928j:plain

命でも差し出すか?っていうと「やるべきことがある」って断られるけど、このタイミングで命差し出す話になるエンドもすごいよね。いや冗談だと思うけど。

引導を渡してやれっていうとフィデスさんの台詞が一個増える。

f:id:yukinosetsuna:20160615131943j:plain

叫び+パーマネンスコンボ強すぎだろ…。

f:id:yukinosetsuna:20160615132029j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615132037j:plain

ここで初めてケシーは生きることをやめたかったのではとわかります。

生きるの辛いよ本当やめたい気持ちわかる。

f:id:yukinosetsuna:20160615132412j:plain

それだけでなく、ひとり静かにっていうところでも叶っていなかったらしい。

f:id:yukinosetsuna:20160615132507j:plain

これは願いを叶える法石ではなかった。

f:id:yukinosetsuna:20160615132619j:plain

基本的に最強法石は覚悟を持ったものじゃないと扱えない設定?

f:id:yukinosetsuna:20160615132715j:plain

姫姉さまはケシーのいたところに落ちていた法石を拾いあげ、

f:id:yukinosetsuna:20160615132802j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160615132811j:plain

ジュリオン姉さまが絆の為って言ってるんだから、この仲間たちには絆があるんだよね。エンドも絆くらいあるんだよね。人はそれを絆と呼ぶんだ…。

f:id:yukinosetsuna:20160615132956j:plain

エクリプス。月食。姫姉さまから考えられる月食という意味は…。なんで月食なんだ?