読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊僕の「いけにえと雪のセツナ」ファンブログ

プレイ日記から妄想や二次創作などなど。

崩壊を呼ぶ力…人間の崩壊?世界の崩壊?

プレイ日記 漫画 二週目

キール君のイベント意外と会話が多いんですよね。

フィデスさん喋らないけど。

ヨミさんの次にやると長く思えますね!というかヨミさんのイベントが短かいのかな?

フィデスさん喋るけど。

そんなわけで昨日の更新が日付変わるぎりぎりになっちゃったので、今日はそうならないように…進めております…。

一応まだ連続更新できてる!僕すごい!(ノシ'ω')ノシバンバン

あれ、これってそろそろ失敗するフラグじゃね。

 

f:id:yukinosetsuna:20160612180124j:plain

キール君のサブイベントの為に隠れ里イルにやってきました。

f:id:yukinosetsuna:20160612180249j:plain

ヒドロさんのテントに入ると、キール君に気づいたヒドロさんが驚きます。

f:id:yukinosetsuna:20160612180334j:plain

キール君は強くなるための法石を探している話をします。

f:id:yukinosetsuna:20160612180815j:plain

ヒドロさんは、ここで取れるものはささやかな効果しかないといいます。ささやかな効果しかないのか…。ファイアはささやかな効果なのか…。

f:id:yukinosetsuna:20160612181009j:plain

ヒドロさんは、最近ここにやってきていろいろと魔物退治に力を貸してくれる助っ人を紹介できる、と言います。そして今は法石柱にいるから挨拶してくるといいと言われたので命の法石柱に行くことになりました。

f:id:yukinosetsuna:20160612181203j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612183624j:plain

法石柱の前に三人たたずんでいます。

f:id:yukinosetsuna:20160612184127j:plain

女の子たちは、シグ・クロトワ・トローネと自己紹介してくれます。トローネが喋れない事をこの時は人見知りだと説明されます。

f:id:yukinosetsuna:20160612194000j:plain

するとクロトワがキールに向かって「よろしく、英雄さん」と言います。

f:id:yukinosetsuna:20160612194538j:plain

キールだけの力じゃないんですがー、それはまあ、この三人は人間が嫌いなのでしかたないですね。そんなことを話していると突然!

f:id:yukinosetsuna:20160612194810j:plain

最初はここで戦闘にでもなるのかと思いました。

f:id:yukinosetsuna:20160612194840j:plain

セツナちゃんのイベントでも襲ってきた魔物はセイウチ…ズシシーンでしたし、もしかしてこの島に広く生息してて人々の生活脅かしてる魔物って実際そんな強くないんじゃない…?

仲間たちが魔物を追い払いに行くと、シグ達の前にもバッサが現れます。

f:id:yukinosetsuna:20160612195238j:plain

 

f:id:yukinosetsuna:20160612230515j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612230528j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612230540j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612230552j:plain

 

f:id:yukinosetsuna:20160612195323j:plain

そして鳥を倒し終わったとともに戻ってくるエンドたち。

f:id:yukinosetsuna:20160612195820j:plain

鳥一匹倒しただけですが!!せめて3匹くらい出てきてくれればね!?

すると倒した時の感覚で、三人も希少種であることをキール君が感じ取ります。

f:id:yukinosetsuna:20160612200614j:plain

シグによると、希少種ではあるが、亜種みたいなものだと言います。魔力も強めで寿命も長いとのこと。キール君の種族だって魔力が強くて寿命が短いのに、それより強くて寿命が長いってチートかよ。

f:id:yukinosetsuna:20160612200957j:plain

鳥を倒すのが本気…これは弱いな()

f:id:yukinosetsuna:20160612201453j:plain

そして、ヒドロさんに見回りを任されてるからもう少しこの辺を回ってくる、と言って去っていきました。

この島の人って本当にペンギィとかに生活脅かされてんのかな…。それだとすると、ペンギィ相手に普通に戦えたエンドLv1が名の知れた傭兵になってても頷ける…。

f:id:yukinosetsuna:20160612202811j:plain

3人が去っていくとキール君がある提案をします。問答無用で断ります。

f:id:yukinosetsuna:20160612202840j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612203001j:plain

キール君は、あの三人を護衛隊に加えたらどうか?という提案をします。ヒドロさんが助っ人の紹介っていうから、最初からそのつもりだと思ってたんですがね。

f:id:yukinosetsuna:20160612203147j:plain

護衛隊に加えることに賛成派のヨミさん。それに対しクオンちゃんは反対します。

f:id:yukinosetsuna:20160612203714j:plain

すると、それを言ったらエンドだってそうだと反発するキール君。

f:id:yukinosetsuna:20160612204031j:plain

旅の最初から加わってるか否かじゃないのかな…!あ…フィデスさん…。

とりあえず断ります。賛成するとクオンちゃんに意外って言われる。

断るのが正しい気がする。エンド的に。

f:id:yukinosetsuna:20160612204200j:plain

するとセツナちゃんが、あの子たちの意見を聞いてみたら?と言います。

f:id:yukinosetsuna:20160612204357j:plain

そんなわけで、ヒドロさんのテントに戻ります。見回りしてるって言ってたけどヒドロさんのテントに戻ってるってなんでわかったんだろ。

f:id:yukinosetsuna:20160612204513j:plain

ヒドロさんのテントにはシグとクロトワしかいませんが、トローネは法石柱がお気に入りだからそこにいる、と言われます。

f:id:yukinosetsuna:20160612205007j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612205349j:plain

そして、トールからこの村の事を聞いたと言います。

f:id:yukinosetsuna:20160612210028j:plain

キール君はシグ達が護衛隊に加わってもらえないかと話します。

f:id:yukinosetsuna:20160612211106j:plain

無神経って言われるエンド。

f:id:yukinosetsuna:20160612211232j:plain

エンドは言葉が辛辣なだけで根は優しいと、そうなんだろうなきっと。

f:id:yukinosetsuna:20160612211322j:plain

シグ達は護衛隊に加えてもらえるなら願ってもない事、と快諾。

f:id:yukinosetsuna:20160612211757j:plain

そう言った後キール君に、話がしたいと呼び出します。

f:id:yukinosetsuna:20160612212003j:plain

今まで人間たちにはひどい目に遭わされてきたから信じてないというクロトワ。

f:id:yukinosetsuna:20160612212158j:plain

しかしキール君はこの仲間たちをすごく信頼してくれてるようです。

f:id:yukinosetsuna:20160612212341j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612212356j:plain

f:id:yukinosetsuna:20160612212426j:plain

_人人人人人人_
> だと思う <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

「だよ」じゃなくて「だと思う」!キール君絶対的に信頼してるんじゃないの!?

この言い回しが悪かったんじゃないの!?( `д`⊂彡☆))Д´) パーン

f:id:yukinosetsuna:20160612212632j:plain

そして「ボクらの気持ちも決まった」というクロトワ。これはのちの展開を考えるに、キール君を倒すしかないという考え?この後に二人だけで向き合ってるのも何か話しあてるのかな?

f:id:yukinosetsuna:20160612212836j:plain

ヨミさんって考え方よくぶっ飛んでるよね。エンドが最初一人になった時にもセツナちゃんが変な事言ってごめんねって言った時も。それがヨミさんの空気の読みかt…。

f:id:yukinosetsuna:20160612214239j:plain

ここでシグとクロトワが向かい合って話してるのはこの後の展開についてでしょうか。

f:id:yukinosetsuna:20160612214419j:plain

ヒドロさんが助っ人紹介できるって言ったのにやむを得まいって…。

f:id:yukinosetsuna:20160612214556j:plain